Archive for » 1月, 2012 «

火曜日, 1月 31st, 2012 | Author:

iPhone4sにかえたので、様々なアプリを試して時間を浪費してしまった。メモ帳やスケジュール管理などの地味なソフトがほとんどなのだが、やれクラウドはどうの、ソフト間の連携はこうのと評判の良いアプリがあればとっかえひっかえ。こういう使い方が便利というネットの記事を見つけるとすぐにそちらに乗り換えるという始末。あげく手段を持ちすぎてしまい、「この状況ではあれ」「この分野ではこれ」などと頭を悩ませる結果に。これはもはや強迫観念に近い。

「もっと能率があがるのではないか」「もっといいものがあるのではないか」「もっと楽できるのではないか」―もっと、もっとで欲望があおられる。こういうのを「漁る」と言うのだろうな。実に浅ましい。どのアプリもそんなに機能や性能に大差はないし、自分の仕事や日常もハイテクが必要なほど大したものではないのに。小人閑居というが、ろくなことをしないね。アプリ漁りならまだ時間の浪費ですむが、今の時代いろんな選択肢が目の前にぶら下がっているから目移りが激しくて、すべてが漁りの対象になってしまう。ああ、ずいぶんと人生を浪費しちまったな。

大げさな話になってしまったが、「漁る」という言葉が妙にぴったりと自分に当てはまるので、可笑しくなって書き留めておこうと思い立った次第。

ところで「漁」という言葉にはいい語感があるのに、「漁る」となるととたんに浅ましさにまみれてしまうのは何故なんだろう。

Category: 未分類  | Leave a Comment